電子申請が利用しやすくなります

電子申請が利用しやすくなります

<電子証明書からID・パスワードへ>

現在、電子申請するためには電子証明書が必要です。

しかし、令和2(2020)年4月以降、無料で取得可能なID・パスワード(GビズID)で電子申請が可能になります。

このID・パスワードは、4月まで待たなくても今すぐ取得可能です。

 

<GビズID>

GビズIDは、経済産業省により整備された事業者向けのサービスです。

1つのID・パスワードで、複数の行政サービスにアクセスできます。

このサービスによって、社会保険・労働保険の手続が電子申請で行うことができるようになります。

<GビズIDの取得>

次の手順で、GビズIDを取得します。利用者は、「法人代表者」または「個人事業主」に限られます。

  1. GビズIDのホームページで「gBizIDプライム作成」のボタンをクリックします。
  2. 申請書を作成します。

このとき、法人番号、代表者(氏名・生年月日)、利用者(氏名・生年月日・連絡先住所・電話番号・部署名・メールアドレス)などが必要です。

また、GビズID利用時の本人確認(ワンタイムパスワードの通知)に利用のため、SMS受信用電話番号の登録が必要です。

  1. 申請書をダウンロードします。
  2. 作成した申請書と印鑑証明書を「GビズID運用センター」に送付します。
  3. 審査(2週間程度)を経て、メールが到着します。
  4. メールに記載されたURLをクリックしてパスワードを設定します。

 

<GビズIDによる電子申請>

日本年金機構のホームページから「届書作成プログラム」を無料でダウンロードすることができます。

ただし、GビズIDに対応した「届書作成プログラム」は、令和2(2020)年4月1日に公開予定です。

現在、「届書作成プログラム」は公開されていますが、まだGビズIDには対応していません。

 

令和2(2020)年4月からの運用に先駆けて、予めGビズID(ID・パスワード)を取得しておくことをお勧めします。

 

社会保険労務士 柳田 恵一